病院のご案内

施設基準

厚生労働大臣の定める掲示事項 令和3年4月1日

  1. 入院基本料について
    一般病棟及び地域包括ケア病床(2F、3F)
    入院患者10人に対して1人以上の看護職員を配置(日勤、夜勤あわせて)しております。
    療養病棟(4F)
  2. 入院診療計画、院内感染防止対策、医療安全管理体制、褥瘡対策及び栄養管理体制について
    当院では、入院の際に医師をはじめ関係職員が共同して、患者様に関する診療計画を策定し、7日以内に文書によりお渡ししております。また、厚生労働大臣が定める院内感染防止対策、医療安全管理体制、褥瘡対策及び栄養管理体制の基準を満たしております。
  3. 個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書の発行について
    医療の透明化や患者様への情報提供を積極的に推進していく観点から、領収書の発行の際に、個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書を無料で発行しております。明細書には、使用した薬剤の名称や行われた検査の名称が記載されておりますのでその点をご理解いただき、ご家族の方が代理で会計を行う場合、その代理の方への発行を含めて、明細書の発行を希望されない方は、会計窓口にてその旨をお申し出ください。
  4. 当院は東北厚生局長に下記の届出を行っております
    1)入院時食事療養費の施設基準に係る届出
    ◆入院時食事療養(Ⅰ)、入院時生活療養(Ⅰ)
    当院は、入院時食事療養に関する特別管理により食事の提供を行っており、療養のための食事は管理栄養士の管理の下に、適時適温で提供しております。
    2)基本診療料の施設基準に係る届出
    ◆急性期一般入院基本料4 ◆地域包括ケア入院医療管理料1 ◆療養病棟入院基本料
    ◆看護職員配置加算 ◆看護補助者配置加算 ◆機能強化加算 ◆診療録管理体制加算2
    ◆重症者等療養環境特別加算 ◆医療安全対策加算2 ◆感染防止対策加算2
    ◆患者サポート体制充実加算 ◆後発医薬品使用体制加算1 ◆病棟薬剤業務実施加算1
    ◆データ提出加算 ◆認知症ケア加算3 ◆入退院支援加算2
    3)特掲診療料の施設基準に係る届出
    ◆がん性疼痛緩和指導管理料 ◆がん治療連携指導料 ◆がん患者指導管理料
    ◆薬剤管理指導料 ◆地域連携診療計画加算 ◆在宅療養支援病院
    ◆在宅時医学総合管理料・施設入居時等医学総合管理料
    ◆CT撮影(16列以上64列未満のマルチスライス型CT)
    ◆検体検査管理加算(Ⅱ) ◆脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅲ)
    ◆運動器リハビリテーション(Ⅱ) ◆呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
    ◆ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術 ◆胃瘻造設時嚥下機能評価加算
    ◆胃瘻造設術(内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
    4)その他の届出
    ◆酸素の購入単価
    定置式液化酸素貯蓄(CE)0.31円/ℓ
    小型ボンベ(3,000ℓ以下)1.61円/ℓ
  5. 保険外負担に関する事項
    1)室料差額
    病棟名 部屋番号(税込料金/日)
    3F病棟 301号室(1,100円)、307号室(2,200円)
    308号室(2,200円)、310号室(3,300円)
    4F病棟 401号室(1,000円)、407号室(1,000円)
    408号室(1,000円)
    2)その他保険外負担に係る費用
  6. 入院期間が180日を超える入院について
    入院医療の必要性が低いが患者様の事情により180日を超えて入院(難病患者等入院診療加算を算定する患者等を除く)する患者様については、180日を超えた日以後の入院料及びその療養に伴う世話、その他の看護に係る料金として下記の金額を徴収させていただきます。
    入院料の区分 料金
    急性期一般入院料4 1日につき2,376円(税込)
  7. 医科点数表に規定する回数を超える診療に係る特別の料金について
    患者様の希望により医科点数表に定められた算定上限を超えて疾患別リハビリテーションの個別療法を行う場合は、下記の料金を徴収させていただきます。
    疾患別リハビリテーションの区分 料金
    脳血管疾患リハビリテーション料(Ⅲ) 1単位につき1,210円(税込)
    脳血管疾患リハビリテーション料(Ⅲ)
    (廃用症候群)
    1単位につき935円(税込)
    運動器リハビリテーション料(Ⅱ) 1単位につき2,057円(税込)
    呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ) 1単位につき2,123円(税込)
  8. その他
    • 当院では、入院・外来診療において後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用を積極的に行っています。また、使用にあたっては後発医薬品の品質・安全性・安定供給等の情報を収集・評価し、採用決定する体制を整えています。
    • 当院では、患者様から求めがあったときに、医療安全管理者等による相談及び支援を受けることができます。詳しくは受付までおたずねください。
    • 疾病に関する医学的な質問並びに生活上及び入院上の不安等、様々な相談に対応する窓口を設置しております。詳しくは地域医療連携室までおたずねください。