乳がん検診のご案内

乳がんとは

 乳がんとは乳房のなかの母乳をつくるところ(小葉組織)から発生する悪性腫瘍です。

乳がんは1996年に、日本人女性の悪性腫瘍罹患率で第一位になって以降、日本人女性のがんで最も多いのが乳がんとなっています。

 乳がんは早期に発見・治療すれば「ほとんどが治るガン」と言われています。恐れる必要はありません。大事なことは、早期に発見すること、すなわち日頃より定期的に乳がん検診を受けることです。

当院の乳がん検診

≪ 視触診 ≫

 乳がん検診で最も基本的な検査です。視診では、乳房の形、ひきつれ、陥没、皮膚の変化などを観察します。触診では、医師が乳房全体、わきの下などを手で触れ検査します。皮膚の状態、乳房の左右差、乳頭からの分泌物やしこりの有無、乳腺の状態を調べます。通常はマンモグラフィとセットでの検査をおすすめしております。


≪ マンモグラフィ ≫


(平成24年2月導入)

 乳房を圧迫しながら薄く均等に広げた状態でX線撮影をします。触診では分かりにくい小さなしこりや、乳がんの初期症状である小さな石灰化の発見に適しています。 圧迫の際、多少痛みを伴うことがありますがご理解・ご協力をお願い致します。

※なお、次の方はマンモグラフィ検査をお受けいただくことができません。
  • ①乳房の形成手術(豊胸手術)を受けられた方
  • ②ペースメーカー装着中の方
  • ③現在、妊娠中・授乳中の方

≪ 自己検診指導 ≫

 視触診後に、そのまま自己検診について医師より指導があります。乳がんは『唯一自分で発見できるがん』と言われています。身体の表面に近い部分に発生するため、自分でも見つけることができます。乳がんは、早期発見し適切な治療を受ければ90%以上が治癒します。自己検診をしっかり覚えて、月に一度は自己検診を実施しましょう。


≪ 外来担当医(予約制) ≫

 
午前 休 診 冨 澤
野田
(第4)
冨 澤
多田
(第4)
冨 澤 冨 澤
菊 池
冨 澤
(第1・3)
午後 休 診 手 術 手 術 手 術 手 術 休 診

≪ 担当医の紹介 ≫

病院長
検診マンモグラフィ読影認定医師(AS)
乳腺認定医

冨澤 勇貴
とみさわ ゆうき

医師
検診マンモグラフィ読影認定医師(A)
乳腺認定医

菊地 大輝
きくち だいき

医師
乳腺専門医

多田 隆士
ただ たかし

医師

野田 芳範
のだ よしのり

乳がん検診の受付日・受付時間について

○1回受診コースの場合(予約制)

 原則として1回で検診を受けることができます。

 
9:00~11:00 × × × 予約制 予約制 ×

○2回受診コースの場合

 1回目の受診
 マンモグラフィの撮影のみとなります。
 1回目のご予約は不要ですので、以下の時間にお越しください。

 
9:00~11:00
14:00~16:00 ×

 2回目の受診(予約制)
 視触診と結果説明となります。1回目の受診の際に2回目のご予約を取っていただきます。

 
9:00~11:00 予約制 予約制 予約制 予約制 予約制 予約制
(毎月1・3)

盛岡市成人検診 乳がん検診

  当院では盛岡市成人検診の乳がん検診を受けられます。

期間 平成28年6月25日~平成29年3月17日
※クーポン有効期限は、平成28年12月22日まで
ご持参いただくもの 受診券
保険証
クーポン券(該当年齢の方のみ)